大阪東京|包装袋、パッケージ印刷、縫製品|販促品、ノベルティ|防虫忌避剤|アイデア雑貨、日用品、アルミ製品、百均|防災備蓄品|中国、ベトナム、ミャンマー、東南アジア|OEM生産  Site map

 >>わさび入り鮮度保持剤

わさび入り鮮度保持剤

食用天然わさび抽出の鮮度保持剤

 わさびに含まれるAIT(アリルイソチオシアネート)が、青果物のエチレン合成酵素の働きを阻害し、追熟を抑制する機能に着目しました。
 特殊な技術でAITをプラスチック樹脂に練りこみ、包装資材等にご活用いただけます。

    製品の特長:
  1. わさびに含まれるアリルカラシ油成分が少しずつ揮発し効果を持続
  2. 食品として使われている素材のみで構成していて安心・安全
  3. 独自の配合技術により刺激臭を低減


いちごで実験

実験条件
4パックが入った紙箱に小袋タイプを2個入れて、全体をポリエチレン袋で包み冷蔵庫で保管。
左図は実験開始14日後の状態です。

本鮮度保持剤は果実の熟成を抑え、カビの発生を防ぎ、鮮度は保たれました。


ぶどうで実験

実験条件
フィルムタイプにぶどう1房を入れ、開口部をにひねり、テープで留めたものを室温(25℃)で保管。
右図は実験開始6日後の状態です。

通常保存の脱粒は全量の60%であったのに対し、本鮮度保持剤は果軸の緑色を保ち、脱粒を大きく抑えました。果粒のハリ、硬さ、食味も良好でした。


さくらんぼで実験

実験条件
2トレイ入った箱の中に小袋タイプを1個入れて蓋をし、室温(25℃)で保管。
左図は実験開始3日後の状態です。

腐敗はなく、果実のツヤとハリを保ち、食味は甘味・酸味ともに残っており、鮮度は保たれました。


ブロッコリーで実験

実験条件
フィルムタイプにブロッコリーを3株ずつ入れ、開け口は折畳み、室温で保管。
左図は実験開始2日後の状態です。

通常保存は花蕾の色が黄化し始め、異臭が感じられ始めたのに対し、本鮮度保持剤は花蕾の色、匂いともに良好で鮮度が保たれました。


各種青果の輸送梱包など組み合わせてご提案致します。
是非とも潟gパックにご提案、ご企画のお声かけをよろしくお願い致します。